ネットの婚活で実際に付き合い、結婚までするにあたって、私が行ってきた事を解説するサイトです。ネットの婚活というと怖い、とかメールの頻度はどうしたらいいんだろうとか、会うまでが難しい、みたいなイメージが多いと思うのですが、実際は、ちゃんと真面目に婚活をするという姿勢でいけば、一番手軽で、速い婚活なのです。


婚活サイト人気ランキング


  1. 会員数の多さならPairs(ペアーズ)

    pairs
    料金会員数利用条件特徴
    男性 月額2980円~
    女性 無料
    累計 450万人18歳以上、独身登録は完全無料
    外国人との婚活も可能。


    ペアーズは、国内最大級450万人以上が利用している婚活サイトです。Facebookの機能を使いますが、周りに通知がいく事はないため、利用者が多いです。特にFacebookのおかげで、顔写真を掲載している人の率が高い!


    ペアーズの体験談と評判


  2. あのブライダル情報誌で有名なゼクシィ縁結び


    zexyenmusubi_s-1
    料金会員数利用条件特徴
    月額2592円~非公表18歳以上、かつ独身であること初回メッセージのやり取りまで無料。
    相手に連絡先を知らせずにデートの調整を代行してくれます。



    ゼクシィ縁結びはまだ新しいサービスですが、リクルートグループなだけあって安心感もありゼクシィなどブライダルの専門なので、マッチングするためのポイントもしっかり抑えてありますね。


    ゼクシィ縁結びをお得に使うには?



  3. 世界とつながれるマッチドットコム

    matchcom
    料金会員数利用条件特徴
    6ヶ月コース
    月額2467円
    3ヶ月コース
    月額2793円
    累計 187万名(2011年11月)18歳以上登録無料
    外国人との婚活も可能。


    マッチドットコムは、世界中で利用者がいて、日本国内でも187万人を越える利用者がいます。条件を設定しておけば、毎日自動的に合う人を紹介してくれるのはすごく便利です!


  4. 老舗のブライダルネット

    ibjbdnet_s
    料金会員数利用条件特徴
    月額2793円男性 114775名
    女性 145419名
    (2016年6月)
    男性は20歳以上で定職に就いている独身。
    女性は20歳以上の独身
    全額返金制度あり。

    ブライダルネットは、老舗の婚活サイトです。婚活サイトとして高い信頼性を保つために身分証明の確認があり、サイト内も日記など人柄が知れる機能が豊富です。全額返金保証もあります!



ネット婚活と他のサービスとの違い


ここでは、ネット婚活のメリット、デメリットを中心に、お話をします。現在、婚活サービスは大きく分けて4つのカテゴリがあります。

「結婚情報サービス会社」「結婚相談所」「ネット婚活」「婚活パーティー」です。

基本的に婚活はプロフィールを把握したうえで知り合うことができ、恋愛とは違って結婚前提のお付き合いに入るまで何人と付き合っても構いません。

結婚相談所や、仲人は、「成婚までのお世話」として相談にも乗ってくれ、背中を押してくれることもあります。しっかりと頼っていくというのが上手くサービスを活用するコツですね。お客様を預かるサービスのところは登録している人は全員独身で、出会いや結婚に対して前向きであることがあらかじめわかっています。

こうした、ある意味で「保障」が整っているのが、結婚この4つのサービス以外にも、「出会いの場」としては「合コン」「街コン」などの気軽な出会いの場があります。ただしこういった場での出会いでは、出会ってからあとは普通の恋愛と同じで、自分で結婚に向けて動いていくということが大切です。あってほしくない話ではありますが、出会った相手が既婚者である可能性だってあるかもしれません。

知人が声をかけて集まったメンバーによる合コンだと、人となりに関しての安心感はあるかもしれませんが、お断りをする時には、その知人とも気まずくなってしまうかもしれません。

ネット婚活のメリットは、パーティーは気になる異性がいたとしても、他の方に時間をとられ、話す機会が作れなかったということがありますが、ネットは一人一人のプロフィールも画像写真もしっかりと、見極められることができます。ネット婚活は、異性のプロフィールを確認するには優れています。

反対に、デメリットというと、パーティーのように、直接お会いしてお話しするのではなく、相手のプロフィールや画像写真を見てメールを試しに送るという流れなので、お会いする前のイメージと、実際にお会いした際のイメージに、大きなギャップができやすいです。

ネット婚活でせっかく会ったのに、自分が思っていたよりも良い方であれば良いのですが、その反対であれば、一緒にいるのも疲れてくるし、気まずい気持ちにも。

婚活サイトを利用するメリット


ネット婚活を行っていく上で、利用するのが婚活サイトです。具体的な特徴として、サイトを利用するメリットをより細かくあげてみます。

事前に選択肢を絞ることができる


現在、婚活サイトは、それぞれの特徴を出すために、年齢層や仕事環境・職業などで差別化をはかっているサイトが多くあります。ということは、自分自身の考える「パートナー像」を登録サイトを選ぶ段階で、あらかじめ絞ることができるということになります。

例えば、相手の年齢、身長年収、などだけでなく、家事育児、共働き、お酒を飲むかどうか、タバコを吸うかどうかなど、細かい情報をかなり絞り込めます。そのため、会う前に相手の価値観を把握しやすいです。

時間に拘束されない


また、何事も思い立ったが吉日!ネット婚活ならば、24時間、自分の都合に合わせて登録できますし、サイト内のメール機能をチェックすることが可能です。

登録費用が(他の婚活ものと比較して)安い


何事もまずは「お試し」してみたいのが人情というもの。そこで登録費用などが高くついては、頑張ろうという意志も萎えてしまいますよね。しかし、婚活サイトの多くはこれまでの「結婚相談所」などと比べると格段に登録費用が
安価です。費用面で初歩を踏み出しやすいのは、婚活を始めるにあたって大変重要なことだと思えます。

会う前にメッセージでやり取りができる


また、会う前に事前に婚活サイト内でメッセージのやりとりができます。最初のうちはわからないかもしれませんが、何人かとやり取りをしていると、文章から伝わってくる人柄を感じる事が出来るようになります。それによって、どういう人柄なのか見抜く目を養うことが出来るようにもなっていきます。


登録者数の多さ


ネット婚活は、気軽に始められるということは、それだけ登録者数も多いということ。サイトの登録者数が多くなれば、自分と合った人と出逢える確率がぐんと上がってきますよね。

実際、婚活パーティーなどと比較をしてみると、母数が桁違いに多いです。例えば婚活パーティーの利用者などは4~5万人ぐらいです。しかし、婚活サイトのPairsは280万人、Omiaiは100万人とその差は歴然です。

しかも、登録している人の「質」でも違いはあります。

私の奥さんは、以前、大手結婚情報サービスの会社に無料お試し診断に行ったんですね。その時の結婚カウンセラーさんに条件面、年収を伝えたところ、出てくる人の職種が医師、弁護士しかなかったそうです。

しかし、Pairsでは、医師、弁護士以外にも、商社に勤めている方、銀行マン、公務員、外資系営業コンサルタントなど、様々な人がいて、そして私と出会うことになりました。

もちろん、地域、年収によってまったく違いはありますが、婚活サイトの方が選択肢が多くなる事が多いです。

婚活サイトを利用するデメリット


続いて婚活サイトを利用するデメリットをあげます。

利用規約を読んでおかないと…


婚活サイトに登録する際に、利用規約を必ずきっちり読んでおかないと、入会金がかかったり、月額料金が必要だったり、またサイトを退会する際に違約金がかかるケースもあります。退会の際のルールについては、各サイトによって様々ですし、入会よりも退会の方がトラブルになるケースが多いので、特に入退会については、しっかりと利用規約を読んでおく必要があります。

「結婚」を前提にしているので…


婚活サイトはそもそも結婚を前提にしている出会いをネット上でプロデュースするサイトなので、会員同士のマッチングを重要視しています。ゆえに会員同士の「出逢い」に関しては、ときめきは少ないかもしれません。「偶然」や「ドラマのような」出逢いはネットでは望めないことが多いかもしれませんね。

上記のような内容が、婚活サイトを利用するネット婚活のメリット・デメリットの主なものです。